上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ 記事が役立ったらクリックしてください♪
blogram投票ボタン
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
秋蒔きで越冬させて、長い間お料理に重宝していたディル。

草丈1.5mほどに成長し、立派な花を咲かせてくれたので、陰干しして種を取っておいたんです。


ディルはとても香りがよくて、カルパッチョやマリネなど、特に夏のお料理には欠かせないハーブ。

ないと困るので、早速種を蒔いてみたところ、一週間ほどで発芽しました☆


お魚料理だけでなく、ディルはジャガイモともとても相性がいいんです♪
(ジャガイモのディル風味 http://iloveherb.blog22.fc2.com/?no=312)

早く大きくなって、お料理に使えるようになってほしいです(^-^)
↓ 記事が役立ったらクリックしてください♪
blogram投票ボタン
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
スポンサーサイト
昨日は会社の方から招待券を頂いて、大阪・福島区にあるシンフォニーホールへ、母とクラシックコンサートに行ってきました♪

21時過ぎに公演が終わって、大阪駅周辺に着いたのが21時半ごろ。
コンサート前に軽い食事しかしてなかった私たちは、もうお腹ペコペコ!!

ところが、駅ビルのお店は22時くらいで閉店してしまうお店ばかりで、食べれるところが見つからない・・・。

遠くまで歩く元気もないし、とりあえず地元まで帰ろうかと話していたところ、そういえば、地元に最近できた新しいお店が気になってたんだ~と思い出し、行ってみることに(^-^)

かわいい看板が目を引く、イタリアンバール「UnGen(うんげん)」
千里丘の隠れ家イタリアンバール、UnGen(うんげん)

お店は、JR千里丘駅の西口から少し歩いたところの、「ここって通れるの~??」って思うほど細い路地(人ひとりぶんくらいの幅)にあり、文字通り隠れ家的なお店。

24時までやってるとのことで、ようやく食事にたどり着けました(笑)

バールらしくアットホームな店内は、「絶対美味しそう!」と思わせる雰囲気。
その予感は見事に的中し、これがもう本当に「アタリ!」なお店だったんです♪

まずはじめにノックアウトされたお料理がこちら。
炙りサーモンのカルパッチョ・ディル風味☆
ディルの香りと炙り具合が最高な、サーモンのカルパッチョ♪

肉厚なサーモンに、刻んだディルを加えたオリーブオイルとソースが絶妙な一品☆あまりの美味しさに母も感激し、もう一皿リピートしてしまいました(笑)

ここからの写真は、ほとんどお箸を付けた後の写真になってしまい美しくないのですが・・・どうかご容赦ください。。(笑)

まろやかなソースが美味しい~
温野菜のバーニャカウダソース(お野菜もっとありました。。)
こちらはお野菜たっぷりのバーニャカウダ☆

長崎産の牛スジの煮込みは、ビーフシチューのような上品なお味❤
写真のパンではなく、バジルと黒胡椒を練りこんだ、自家製パンがつきます!
(食べてしまって写真はありません。。)
スジとは思えないほどの美味しさ!長崎産牛スジの煮込み☆

これは食べる前に撮影成功。。(笑)
魚介たっぷりのイカスミのスパゲティ♪
魚介たっぷり!イカスミのスパゲティ♪


このほかに注文した、「カキと菜の花のフリット ジェノベーゼソース添え」も絶品でした☆

本当にどれもレベルが高く、量もたっぷりとあって、シェフの方の気持ちが表れているような、とっても美味しいお料理ばかりでした☆
しかも、ビールやワインも何杯か飲んだのに、2人で6,000円台というリーズナブルさ。

居酒屋系しかなかった地元にこんなステキなお店ができて、かなり嬉しい私♪
今度、ワイン好きの友達も連れてきてあげようっと(^-^)

お店の詳しい地図はこちら。
UnGen(うんげん)は、千里丘西口にあります☆

■千里丘の隠れ家イタリアンバール UnGen(うんげん)
17:00~24:00(L.O 23:00)
定休日:木曜日(祝日・祝前日は営業)
TEL:06-6310-8300

北摂にお住まいの方(とくにワイン好きの方)には、ぜひ一度訪れてみてほしいお店です❤

きっと満足しますよ~(^-^)
↓ 記事が役立ったらクリックしてください♪
blogram投票ボタン
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
テーマ:♧ハーブ♧
ジャンル:趣味・実用
お気に入りのスペインバルに行くと、必ず頼むメニューがあります。


真鯛のカルパッチョ ドライトマトのソース
真鯛のカルパッチョ☆

スライスした真鯛に、ドライトマト・オリーブオイル・塩・コショウ?(←推測)を混ぜたソースが絶品で、2回頼んでしまう時もあるほど(笑)
添えられたディルとイタリアンパセリ、ピンクペッパーも真鯛の風味を引きたてていて、本当においしくってワインが進みます♪

家で真似してみたいけど、ドライトマトのソースは果たして同じ味になるのかなぁ~。
今度行ったらちゃんと聞いてみようっと。
↓ 記事が役立ったらクリックしてください♪
blogram投票ボタン
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
今年のボジョレーヌーヴォーの解禁日は、11月19日でしたね☆

わが家にも19日に届いていたのですが、週末にゆっくり飲もう!ということで、遅ればせながら昨日、お料理とともに楽しみました。

ここ何年か、毎年買っているフィリップ・パカレ氏のヌーヴォー。
ラベルのデザインも素敵です♪
フィリップ・パカレ ボジョレーヌーヴォー2009

フィリップ・パカレ ボジョレーヌーヴォー2009:裏

自然派として注目されているパカレ氏は、かの有名なロマネコンティの醸造長の誘いを断ったことでも有名な醸造家。
ボジョレーヌーヴォーの中でも、日本では一番人気なんだとか☆
初めて飲んだ時にその美味しさに感動して、それ以来ずっと「ボジョレーはパカレ氏」と決めてるんですが、そんなに人気があったとは・・・知らなかったぁ。。

「50年に一度の出来」と前評判も高かった今年のヌーヴォー。軽く冷やして飲んでみました☆
ワインはきれいなベリー色♪

今年はいつもにも増して、香りが華やか!
そして、豊かな果実味とベリーのフレッシュな甘さが、新酒の喜びを感じさせてくれます。

ワイン好きでもワインのことはよくわからない私ですが・・・

パカレ氏のヌーヴォーは、酸化防止剤も最小限で、後から味の調整などもしないため、ブドウの味がそのまま反映されている感じがします。

ブドウの甘みが感じられて酸味が少ない印象ですが、今年は特にブドウの果実味が強く、フルーティーなブドウジュースを飲んでいるかのような、コクがあるけれど軽やかな味わいでした♪
ヌーヴォーらしいフレッシュな色♪

ワイン用語でいうと「チャーミング」という表現になるのかな~。
女性に例えると、18~20歳くらいの感じ?(笑)

<フィリップパカレ氏のワインについて>※ラベルの一部抜粋
畑には化学農薬や除草剤、化学肥料などを一切使用せず、補糖や補酸も行っておりません。発酵に関しても、畑や醸造所など自然環境にいる天然酵母だけで行っております。また、酸化防止剤の添加を最小限に抑えるため、発酵中に自然発生した炭酸ガスを意図的に残しております。
このワインはすべて「自然の恵み」だけで造られておりますので、安心してお楽しみいただけます。


軽やかなワインなので、こってりしすぎない、こんなお料理を合わせてみました。

バゲットのディル入りクリームチーズ添え
バゲットのクリームチーズ添え

スモークサーモンのカルパッチョ
スモークサーモンのカルパッチョ

ディルは冷凍していたものを使ったので、なんだかとろろ昆布みたいになってしまった・・・(笑)

レシピはこちら

ジャガイモとローズマリーのオリーブオイル焼き☆ブロッコリーを添えて。
ジャガイモのローズマリー焼き

ジャガイモとローズマリーって、最高の組み合わせ!
さっと炒めるだけでとっても美味しいし、パンにのせてとろけるチーズをかけて焼いても美味しいです!

<材料>
ジャガイモ 2個
ローズマリー 1~2枝
オリーブオイル 大さじ2
塩 少々

<作り方>
①ジャガイモは皮をむき、3mm厚さにスライスして水にさらしておく。

②フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、①の水気を切ったジャガイモを入れて、透明になってくるまで炒める。

③ジャガイモに火が通ったら、ローズマリーを枝ごとまたは、葉をほぐして加え、塩少々で味を調えてできあがり。

チキンのトマトソース煮込み
チキンのトマト煮込み

<材料>2人分
鶏もも肉 小2枚
にんにく 1片
玉ねぎ 1/2個
トマトの水煮缶 1缶
塩・コショウ 各適量
しょうゆ 少々
オリーブオイル 大さじ3
パセリのみじん切り 適量
ローズマリー 2枝

<作り方>
①鶏肉は1枚を半分に切り、塩・コショウをふる。

②にんにくと玉ねぎはみじん切りにする。

③鍋にオリーブオイル大さじ2とにんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ったら玉ねぎを加えて中火で炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、トマトの水煮缶を汁ごと入れて、ヘラでトマトをつぶしながら強火で煮立て、ローズマリーを加えて弱火にして煮込む。

④フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、鶏肉を皮目から入れて中火でこんがりと両面に焼き色をつける。
③の鍋に鶏肉を入れ、ソースがとろりとなるまで煮詰めたら、塩・コショウ、しょうゆで味を調える。

⑤仕上げにパセリをたっぷり加えて、できあがり。




↓ 記事が役立ったらクリックしてください♪
blogram投票ボタン
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
ハーブ栽培をしていると、必ず悩まされるアブラムシですが、なんとか農薬を使わず退治できないものかと、対策をいろいろ試しています。

以前やってみた<トウガラシ水>は、ほとんど効果がなかったのですが、今回の<重曹+サラダオイルの散布液>は、効果テキメン!!

↓これは、散布前のディル。花の根元に赤いアブラムシがいっぱいいます。。
2009年06月13日_CIMG0420


↓手作り散布液を朝・晩1回づつ、2日間散布した状態。アブラムシが干からびて、黒くなっています!
DSCF0239.jpg

ディルのほかに、ルッコラ、ジャーマンカモミール、シシトウ、ピーマンに試しましたが、2~3日間でどれも効果アリ☆
ただ、ジャーマンカモミールは連続して散布すると、ちょっと葉にダメージを受けるかもしれませんので、様子を見ながらのほうがいいかも。

散布するのはできるだけお天気がいい日で、散布液がよく乾く日のほうが効果があるように思います。
そして散布液を撒いた時は、水やりの時も葉に水をかけないように注意が必要です。


<重曹+サラダオイルの散布液>のレシピ&作り方はこちら♪
↓ 記事が役立ったらクリックしてください♪
blogram投票ボタン
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。